--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.07    カテゴリ: 深圳梧桐山 

【深圳山歩き日記】 深圳八景・梧桐山煙雲の道 (前編)

羊台山587mに登ってから二日ほど足が言うこと聞かず、階段を上れても下れなくなったので、これを克服すべく、ノー・エレベーター訓練 でマンションの部屋12階をエレベーターを使わずに階段を上るトレーニングを始めてからほぼ2ヶ月、念願の梧桐山登山に挑戦する。
梧桐山脈の三大主峰は大梧桐山(944m)、中梧桐山(豆腐頭 706m)、それに小梧桐山(692m)。梧桐山は深圳八景にも選ばれていて「梧桐煙雲」と表現されている。
今回は大梧桐山と小梧桐山の二つの嶺を巡る。
WEB情報、地図などを参考に今回の全行程を20km、4万歩と見積もり、8時間の所要時間を見込む。
とにかくこんな登山は生まれて初めて、しかも一人行とあって多少緊張、少し念入りに準備。



深圳山歩き日記 (2007.10.27) 深圳最高峰・梧桐山初登頂 (前編)

ao_1-1_200.jpg
梧桐山大門
朝7時、マンションを出発。8時半に出発地である梧桐山村に到着。
ここから少し歩いて泰山澗(泰山涧Tàishānjiàn;たいさんかん)登山口に到着。辞典で調べると「澗」というのは「谷川」を表すようだ。 その名の通りなだらかで水音の聞こえるロマンチックな雰囲気が続く。

それにしてもどうしてこんなに登山者が多いのだろう。びっくりする。いくら週末とはいえ、全行程自力で登らなければならないのでかなりハードなルートのはず・・・深圳最高峰という響きが人を駆り立てるのだろうか。
人が多すぎて自分のペースで進めないのも辛いが体力を蓄えておくためにハイペースにならないように気をつけながら行く。

ao_1-2_200.jpg
泰山澗登山道
穏やかにつづいていた泰山澗登山道、でも最終的には944mを登るわけでいつまでもそんないい道が続いているはずもなく、歩き続けると次第に急な石段や岩をよじ登っていくようなところもでてきてけっこうハード。登りは大丈夫でも下りはちょっと怖いようなところもある。
急斜面をよじ登るようにして進み急激に高さをかせいで、周りの視界が開けてくると雄大な景色が現れるようになった。

途中の分岐点で本道から外れるようなコースを気まぐれでとってみた。そのためか、頭に入力してある地図とは微妙にずれることになった。雰囲気が少し違う。地図が不正確なのか、こちらの思い違いなのかは不明。

ao_1-3_200.jpg
葫蘆口
泰山澗が変なところでいきなり終結、石に「葫蘆(芦)口」と書かれた出口(入り口)に出て車道に合流となった。まあ案内板があるので案内板にしたがって車道を歩いて大梧桐を目指す。ガスに視界がぼやける中、雄大な登山道を行く登山者の群れが見えてきた。



ao_1-4_200.jpg
好漢坡登山道
メッカ巡礼の信者のように斜面をゆく登山客の群れは大梧桐山登山のクライマックスのような雰囲気を演出する。そして風に流される霧に姿を変えるさまは実に圧巻、まさに煙雲の道。

この登山道は好漢坡(好汉坡:hăohànpō,ハオハンポ、坡は坂のこと)の駐車場があるサービスエリアから始まる好漢坡登山道だった。標高647m。車で来た人もここまでであとは自力で山頂へ。好漢坡登山道は全長1143m、これで944mの山頂を目指す。
それにしてもなんと登山者の多いことか・・・自動車で来た人に加えて各登山道から来た人もほとんどがこのコースを通るようだ。

好漢坡登山道を登り始める。第一の休憩地点までは普通の急な石段だった。
山の天気なのだろうか、ほんとうに変化が激しい。泰山澗から歩いていても霧が出たり晴れたり。とくに好漢坡からはめまぐるしく変化した。

ao_1-5_200.jpg
かすむ山頂
そして山頂間近にある池、天池に着く。だが濃霧ですぐそこにある山頂が見えない。
となりの人はバッグからパンを取り出して石のベンチに腰掛けて食事に入った。僕もしばらく様子を見ようと前日JUSCOで買った寿司を取り出して立ったまま食事を。座ってしまうと食事がすんでも立つ気がしなくなるような気がして・・・お茶は自家特製の麦茶で。

霧が少し晴れてきた山頂を見ると・・・・人、人、人だらけ。
山頂の岩に書かれた「鵬城第一峰」の文字がかすかに見えてきた。「鵬城」とは深圳の別名だ。で、ここは深圳最高峰。おもむろに天池から10数m高い山頂へ。

時刻はちょうど正午。登山開始から3時間半、とうとう山頂に立つ。
山頂は狭い空間、人がいっぱいで身動きとれず。その間にも流れる霧と晴れ間を繰り返す。これが深圳八景・梧桐煙雲と名付けられたゆえんだろうか。
でも高所から見る気持ちよさとは別に深圳最高峰に登ったという誇らしい気持ちよさもある。
山頂にとどまっている人たちもそう言う気分を持って下りないのだろうか・・・
大梧桐から小梧桐のテレビ塔を見たかったが最後まで霧にかすんだままだった。



ao_1-6_200.jpg
泰山澗を下る
さて次の目的地、小梧桐山へ向かう。
登ってくるときに泰山澗から途中でメインコースから外れたが、泰山澗は地図通り大梧桐の頂上までつながっていた。山頂の標識に泰山澗の文字が見えた。
下山はこの泰山澗を通ってみることにした。
それにしても泰山澗の山頂付近は見渡す限りめちゃくちゃな急傾斜がつづくすごいコースだった。
泰山澗の途中でこの登山道を出て好漢坡のさっきの駐車場へ向かう道にコースをとり、そこから車道で小梧桐を目指す。

予備知識で頭に入れている地図によると大梧桐から小梧桐へ抜ける道は車道しかなかったので頂上から泰山澗を下り途中で大梧桐駐車場への道をとる。
ただこの付近の案内板によると大梧桐から小梧桐へ向かう登山道もあるようなのでちょっと残念。次回は挑戦したい。
(この道は十里杜鵑長廊という大梧桐山から中梧桐山を経由して小梧桐山に向かう登山道です。車道に比べてかなりハード)

ao_1-7_200.jpg
標石
この付近の泰山澗の標石には全行程距離、登ってきた距離、標高が書かれていた。それによると泰山澗登山道は全長4511mとのことで、 WEBに書かれていた7.5kmとはかなり差がある。見積もりの全行程20kmはこの7.5kmを尺度にしているので少し短くなるかな・・・
それにしても泰山澗を下るのはほぼ僕一人。あれだけいた人々は好漢坡登山道を折り返したようだ。

ao_1-8_200.jpg
天然水を汲む
泰山澗を下り林の中へ入ってしばらく進むと休息所があり、順番を待つ列があった。どうやら山の水をペットボトルに入れているようだった。「飲めるの?」と聞くと「うん」という返事。
そう言えば梧桐山ブランドのミネラルウォーターがあったような・・・

この休息所から標識にしたがって駐車場への道をとると駐車場の左の小さな登山口に出た。石に「鳳鳴径」と刻印があった。
作ってきた麦茶を全部飲んでしまったので駐車場の売店でペットボトルの紅茶を購入。6元、なんとスーパーで買う2.5倍のびっくり価格。
早い目に全部飲んで梧桐山の水を入れた方がよかったかな。
好漢坡の駐車場から車道を歩き往路の泰山澗の「葫芦口」を通り過ぎて車道を小梧桐山を目指して歩く。
(続く)

スポンサーサイト

2008.11.09    カテゴリ: 深圳梧桐山 

【深圳山歩き日記】 深圳八景・梧桐山煙雲の道 (後編)


深圳山歩き日記 (2007.10.27) 深圳最高峰・梧桐山初登頂 (後編)

ao_2-1a_200.jpg
十里杜鵑長廊
蝴蝶谷の標識を過ぎると「十里杜鵑」と書かれた石だらけの道があった。興味をそそるが今は目的の小梧桐をと思って通り過ぎる。

(帰って調べてみるとこれは小梧桐に通じているようでした。十里杜鵑を下りてくる人がいたので聞けばよかったと後悔。車道を歩くより登山道の方が気持ちがいいので・・
もしかすると、好漢坡登山道を登ったときに駐車場の後ろに見えていた展望台のあった道、あれかも知れないと思い当たりました。案内図で行くとあの展望台は「梧桐煙雲双鳳亭」。写真を拡大してみると・・・確かに亭が二つ並んでいます。梧桐煙雲の名が冠せられるところをみると最高の展望台ではなかったのか・・・残念。まあ次の楽しみに)

ao_2-2a_200.jpg
鳳凰台
さらに進むと展望台らしきものがあった。鳳凰台となっている。階段を上がって展望台へ・・・
空気の透明感は夏より落ちるもののすっかり晴れわたり小梧桐のテレビ塔もすぐそこに見えた。大梧桐山もあの雄大な好漢坡登山道もはっきりと見える。長い階段のように思えた好漢坡の最初の急石段は頂上までの道のりに比べればほんの始まりに過ぎなかったことがよく分かる。
2つ並んだ峰は大梧桐山、鵬城第一峰の山頂。峰の間から続いている道は泰山澗だろうな。あそこへ登ってここまで来たんだという感激を味わうことができた。

さて展望台を出て小梧桐をめざして再び歩き始める。再び梧桐山のミネラルウォーターを汲む人に出会う。ここにも水汲みポイント。
15分ほど歩くと小梧桐のテレビ塔が目の前に現れた。

ao_2-3a_200.jpg
小梧桐山
好漢坡の駐車場から歩いて50分あまりで小梧桐に到着。大梧桐山頂を下り始めてから1時間半だ。
どこからでも目立つ小梧桐山のテレビ塔はまだ建設工事中だった。塔の中間にドームがあるがここに展望台でもできるのだろうか。

広場には大勢の人が。彼らは登山と言うよりは団体でゲームとかやっていた。
お腹がだいぶすいてきたので何か食べることにする。案内図にもあった「倚天招鳳亭」というところに入る。外壁がガラス張りになっていて外が見渡せるようになっているのだがあいにく空気の透明度が悪くて遠景がかすんでいる。



ao_2-4a_200.jpg
倚天招鳳亭
朝8時半に梧桐山村に着いて以来、6時間ぶりに腰をかけた。ほっとする瞬間。
一人28元の最低消費金額が設定されていた。雲呑(ワンタン)と久しぶりにチャーシューパオを注文。最低消費には1元足りなかったけれど「これでいいだろう」と言うと「OK」。

チャーシューパオは魚のような味だったがまあまあの味。これなら香港の方がうまい。だがワンタンは意外にうまくて、運ばれてきたときは小姐に「わー、量が多すぎる」と言っていたのに全部平らげてしまう。スープがうまかった。
招鳳亭の30分間を含めて小梧桐では1時間ほどゆっくりした。

ao_2-5a_200.jpg
さて今回の最終コースを行く。頭の中で考えていた仙湖植物園へ向かうコース。まず登雲道に入り、途中で仙湖植物園のルートに分岐するはず。

仙湖植物園へのコースをとると登山道と別に分岐して小さなトンネルがあった。中は真っ暗。何だろうと思っていると、ある登山者の声
「ここはダメかな」
すかさず
「大丈夫」
と知っているらしい人が叫び大股にトンネルの中へ。これを機に十人ほどの人が間髪入れずに入り、僕も中ほどに入り込んだ。

始めは外の明るさで見えていたが道が折れ曲がっていて右へ折れるとすぐに漆黒の闇に。「前後で手をつなげ」の声。前の人から私に手が差し出されました。何を言ったか考えていて僕が手を出さなかったので背後からは私のリュックに手がかかった。
少し行くと出口から光が差し込んで少しずつ見え始め、無事通過。ちょっとした冒険みたいで興奮ぎみ。それにしても声がかかったあとのまとまった行動の早さはすばらしい。とても気持ちよい経験だった。

トンネルを出て写真を数枚撮ったところでハプニング。カメラには「電池残量がありません」の警告と共にパワーオフ・・・
「えーー」力が抜けていった。
僕は常にスペアーの電池を持ってはいるがすでに交換済み。これがなくなると仙湖植物園を見下ろす写真が撮れない!

考えながら歩き始める。
充電電池は使い終わっても少し休ませておけば少し復活するはず。これにかける。最初の電池を再び装填しておそるおそるパワーオン・・
やった、写真が撮れた!あとどれくらい撮れるか想像できないがセーブして写真を撮るしかない。
(この日は実に530枚の写真を撮っていたのです。計算すると1分1枚となり自分でもびっくり)



ao_2-6a_200.jpg
仙湖植物園・弘法寺
ほどなく眼下に仙湖植物園内の弘法寺を中心に雄大な景色が飛び込んできた。「!!!」めちゃ感動。
ただ、登山道は急な石段に変わり正直ビビった。一段が高く狭い。片側にロープが張ってあるもののロープをつかめないところもあり一段足を踏み外せばという思いが・・・

仙湖植物園に入る。弘法寺は以前に見学して知っているので別コースをとって植物園の入り口に向かう。ほかの登山者は弘法寺へ向かい、一人になってしまった。
出口への道は・・・
なんと途中で急な上りの石段が続いていた。下るだけでいいと思っていたのでこれだけの石段を登る気持ちの準備がない。ちょっとショック。
だが登り始めると慣れてしまったのかやけくそなのか、登るスピードが落ちてないように感じられるばかりか疲れてもこない。これは不思議でもあり喜ばせた。
ただ、あまりに登りが続くとほんとうに植物園の入り口に向かっているのか不安になってくる。もしかしてまた梧桐山に登るルートになっているのではないかと・・・

ao_2-7a_200.jpg
さらに登りが続いたとき下りてくる初老の紳士がいた。娘らしい小姐と共に。
「仙湖植物園はどう行けばいい?」と彼。
「私も分かりません」
「あなたは仙湖植物園のチケットを持っていますか?」
「持っていません。入り口から入ったのではなく大梧桐山から小梧桐、そしてここに下ってきたので・・」
「あなたお年は?」
「××才です。植物園の入り口はここを行けばいいのですか?」
「そうです」
「間違いないですか?」
「大丈夫」
ao_2-8a_200.jpg
仙湖植物園 大門
太陽が沈む前にめどがつけばよいからと覚悟を決めて進む。
でもどうして年齢を聞かれたのかな・・・

さらに長い登りの石段を抜けると外の景色が見え始め、上りはなくなり下りだけとなった。さらに10分ほど歩くと登山口に出る。やれやれ。
目の前には以前に見たことのある道、自信を持って歩いていくと見えてきた、仙湖植物園の大門。
目標のゴール地点、足が速くなって8時間25分のフィニッシュ!


「深圳最高峰・梧桐山初登頂」 おわり



8時間25分をかけてやっとゴールしました。
今回3万3500歩。平地を普通に歩くと私の1歩は50cmなので16kmあまりの距離を歩いたことになるのですが、今回は石段も多く状況が違いますので何とも言えませんが15kmは歩いていると思っています。
電池は交換後30枚撮影できました。そのあと再び電池を交換して最後の2枚、仙湖植物園の門を撮影しています。

でもすごくさわやか、一人でにんまりしながら歩いていました。
以前は登山みたいなしんどいものを好きな人がいるとは・・・と思っていたのですがちょっとその気持ちが分かるような気がします。
まあ何十キロもある荷物を背負いながら、というのはできませんが娯楽登山ならもっと行きたいという気になっています。

今回の所要時間

登り 大梧桐山へ
梧桐山大門 → 泰山澗葫芦口  2時間
葫芦口   → 好漢坡駐車場  15分
好漢坡   → 大梧桐山頂   45分
出発から山頂まで休憩、観光を含んで
3時間半

大梧桐山から小梧桐山へ
大梧桐山頂  → 好漢坡駐車場 30分
好漢坡駐車場 → 鳳凰台    25分
鳳凰台    → 小梧桐山   20分
大梧桐山から小梧桐山まで休憩、観光を含んで
1時間50分

小梧桐山から下山
小梧桐山 → 仙湖植物園大門  1時間40分

総合時間
梧桐山大門から仙湖植物園大門まで休憩、観光を含んで
8時間15分
登山道へのアクセス

バスで梧桐山村へ
梧桐山村へ行くバスは羅湖・建設路→梧桐山村への211路のみ
路線 →  211路 路線地図 

仙湖植物園から
路線   →  仙湖植物園 
路線地図 →  382路 路線地図 

各路線の「电子地图」をクリックすると路線地図が出ます。

大門から10分ほど歩くと他にバス多数




2008.11.11    カテゴリ: 深圳梧桐山 

【深圳写真館】 深圳最高峰 梧桐山初登頂 (1) 泰山澗から好漢坡へ


梧桐山北大門から出発
梧桐山1

朝日の登山道
梧桐山1

泰山澗 谷間を行く
梧桐山1

小さな吊り橋も渡って
梧桐山1

小さな滝で一休み
梧桐山1

だんだん険しくなります
梧桐山1

さらに険しく
梧桐山1

視界が開けると別世界
梧桐山1

奥に見える展望台が鳳凰台、 さらに小梧桐山のアンテナ群がかすかに
梧桐山1

雄大です
梧桐山1

もう少し
梧桐山1

泰山澗を出ます
梧桐山1

車道を歩いて
梧桐山1

雄大な好漢坡登山道 最後の階段へGO!
梧桐山1

2008.11.11    カテゴリ: 深圳梧桐山 

【深圳写真館】 深圳最高峰 梧桐山初登頂 (2) 好漢坡登山道から大梧桐山頂へ


好漢坡登山道から好漢坡駐車場と双鳳亭(展望台)を見る
梧桐山1

危険 崖に近づかないで
梧桐山1

梧桐山1

さらに好漢坡登山道
梧桐山1

梧桐山1

梧桐山1

あと少し
梧桐山1

3時間半、山頂へ! 山頂下の池、天池から山頂が見えない・・・
梧桐山1

山頂の「鵬城第一峰」の文字 「鵬城」は深圳の別名
梧桐山1

雲と霧に囲まれてかすむ小梧桐山
梧桐山1

山頂から天池を
梧桐山1



カテゴリ
(102)   深圳 (1)  ●  《深圳の山・目次》 (29)  ●  梧桐山 (4)  ●  梧桐山登山道一覧 (6)  ●  三洲田森林公園/梅沙尖 (3)  ●  園山風景区/鵝公髻 (5)  ●  馬巒山 (8)  ●  羊台山 (15)  ●  塘朗山公園+梅林山公園/聖人大座 (7)  ●  鳳凰山 (6)  ●  南山 (2)  ●  小南山 (3)  ●  求水山 (3)  ●  筆架山 (3)  ●  蓮花山 (6)  ●  仙湖植物園 (0)  ●  紅樹林海浜生態公園 (1)  ●  東湖公園
(26)   奈良 (1)  ●  《奈良の山・目次》 (6)  ●  葛城山 (7)  ●  奈良県立矢田自然公園 (0)  ●  大和民俗公園 (4)  ●  吉野山 (0)  ●  大和青垣国定公園 (4)  ●  生駒山 (4)  ●  高取山 (0)  ●  若草山 (0)  ●  松尾山
(2) 壁紙
(3) フリー


プロフィール
Sceneway

< 作成者: Sceneway >
奈良出身 男
中国・深圳市福田区に在住
1996年7月香港へ
2005年6月深圳へ引越し → 続き

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ開設 : 2008年11月2日


タグリスト
 
ブログ内検索
最近のコメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。