--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.22    カテゴリ: 深圳三洲田森林公園/梅沙尖 

【深圳山歩き日記】 塩田区・梅沙尖753mに登る(1) 深圳と香港の名山が勢揃い (2008.12.21)

梅沙尖
梅沙尖は三洲田風景区に含まれ、梧桐山(944m)、七娘山(大鵬半島、869m)、大燕頂(大鵬半島、796m)に続く深圳第4峰753mの山。深圳中心部から25kmほど東にあります。

三洲田風景区は羅湖区の東隣の塩田区にあり、梅沙尖のほか、三洲田村、三洲茶場、三洲田水庫、市農科中心高山蘭養植基地、大小三洲塘、紅花瀝、騾馬峰水庫などが含まれます。
総面積37.9k㎡の三洲田森林公園を建設中です。

深圳最高峰・梧桐山と香港・八仙嶺の連峰 わかりにくいですが香港最高峰・大帽山、馬鞍山も見えています
馬鞍山八仙嶺黄嶺大帽山大梧桐山
us1-n1-0_880.jpg


us1-n1-1_200.jpg
平塩鉄路の線路を越えて
us1-n1-2_200.jpg
水路横に続く石段を登る
us1-n1-3_200.jpg
塩田港付近の道路網
【深圳山歩き日記】 三洲田森林公園・梅沙尖(753m)に登る(1) (2008.12.21)

今日は先日下調べをした深圳第4峰の梅沙尖を登る。
バス104から103に乗り換えて「西山吓」で下車。塩田で降りるのがいいのだが、ほとんどのバスは高速道路経由で大梅沙に行くようになったので西山吓で降りて歩かなければならなくなった。
10分ほど歩いて先日見つけておいた「破れ口」に着く。と、リュックを背負った3人組がやってきた。同じように梅沙尖へ行くのだろうか・・
そして水管横の石段へ。まず、平塩鉄路のレールを越える。3人組は線路上を歩いていった。そちらにも登り口があるのだろうか。こちらは自分の調査通り、まっすぐ石段へ。
2回目なのでどんどん登る。ただ今日は梅沙尖へと、あとがあるので力をセーブしてゆっくり進む。今日は人が少ない。時間帯によるのだろうか。

前回より視界がいいが雲が多くなってきた。雨にならないか気になる。雨なら引き返すタイミングを考えなければならない。それに今日は傘を持ってくるのを忘れた。
天候は曇りがちながらも梧桐山と香港の八仙嶺、船湾がよく見える。はっきりしないが香港最高峰・大帽山らしき山影が見える。(大帽山だった。そして大刀屶も)

15分足らずで小さな展望台のようなところへ着く。塩田港と道路網がきれい。
さらに登る。台湾椿(大頭茶)が多い。花を前景に写真を撮ってみる。
登り始めて30分あまりで峰へ。三洲塘水庫近く。地図で見ると標高370m程度。
薄い曇り空ながら八仙嶺、船湾がはっきり。そして塩田の高速道路網。テーマパーク航母世界のミンスクを探してみると・・これも見えた。



us1-n1-4_200.jpg
渇水状態の水庫 us1-n1-5_200.jpg
山頂の岩が占領したSea View us1-n1-6_200.jpg
紅花瀝水庫から梅沙尖を見る us1-n1-7_200.jpg
us1-n1-8_200.jpg
梧桐山と香港の山々が見えた
そしてこれから初のコースをたどる。まず前回聞いている三洲塘水庫へ。
平坦な径(みち)のあと、水の流れに径は切断された。この流れはあの滝の源流なのだろうか。
石づたいに流れを渡るとコンクリートのしきりで行き止まり。これを越えて水路の肩を歩いて水庫へ。
水庫は水がかなり減っている。普段の水位より数メートル下がっているようだ。そして径もとぎれてしまった。

どこかに径はないか探してみる。干上がりかけている水庫を歩くが水がいっぱいだとここは水面下だと思い直して別を探す。
水がいっぱいならばおそらく水面際だと思われるところに心細く草に隠れそうになっているところがあった。ほかにあてはないのでここを試しに歩いてみる。
心細いながらも続いていたのでこれで行けるところまで行こうと何度か不安になりながらも少し広い場所に出てきた。
2方向に山肌が続いている。まずさっき頂上で人が見えた方に登ってみる。何となく人が通ったあとのある斜面。
展望が広がった。梅沙尖らしい山が後方に見える。前方は低い山頂だけ。ちょっと間違えたか。まあこの頂上からも少し眺めてみよう。

天気のよくなった頂上からは梧桐山と八仙嶺の眺め。
梅沙尖の方を見ると水庫が見え、その前を舗装道路らしきものが通っている。
この峰を下り、反対側を登っていけば何となく舗装道路に行けそうに見えるのでとにかく舗装道路にたどり着くことを目標にする。

あるかないかの痕跡をたどってようやく舗装道路に到着。舗装道路をたどってまずは水庫を目指す。
天気がよくなって全くの青空となった。もう雨の心配はなさそうだ。子供が二人、道路を下ってきた。久しぶりの人影。
道の両側には台湾椿(大頭茶)と名前を知らない赤い花がきれいに続く。10分あまりで水庫に到着。
「紅花瀝水庫」と書かれている。ここも水面は大きく低下していた。水をたたえていれば美しいだろうに。

さらに舗装道路を歩く。快晴の天気に気持ちよく景色を見ると・・
おっ、あれはもしかして香港馬鞍山? 間違いない、馬鞍山だった。
深圳最高峰・梧桐山の隣には香港最高峰・大帽山、目を左に向けていくと人気の香港・八仙嶺、船湾、さらに人気の香港・馬鞍山と、豪華キャスト、フル出場。何とも贅沢な眺め。先ほど子供にあっただけで誰もいない。独り占めの景色。

つづく
スポンサーサイト

2008.12.23    カテゴリ: 深圳三洲田森林公園/梅沙尖 

【深圳山歩き日記】 塩田区・梅沙尖753mに登る(2) (2008.12.21)


梅沙尖の山頂から 写真の白くとんでいるところが香港
us1-n2-0_880.jpg

us1-n2-1_200.jpg
塩田区建区十周年紀念林の石碑
us1-n2-2_200.jpg
登山道
us1-n2-3_200.jpg
台湾椿(大頭茶)と水庫
us1-n2-4_200.jpg
梅沙尖山頂はあと少し
【深圳山歩き日記】 三洲田森林公園・梅沙尖(763m)に登る(1) (2008.12.21)

「塩田区建区十周年紀念林」と言うのがあった。2008.3.12の日付もある。塩田区は1998年にできたのか、意外だった。

さらに進む。角を曲がって見るとこの道路は梅沙尖からどんどん離れていくようになっていた。引き返して十周年紀年林を見てみると山側に行けそうな気がした のでここから挑戦してみる。
径は続き少しずつ登っている。どうやらこの径で行けそうだ。豪華な視界が時々顔を出す。それにしても台湾椿(大頭茶)が多い。まだまだ花の時期は続くのか・・

再び梅沙尖が見え始めた。かなり近くに見えてきた。うれしい。今回はロス時間が多いので時間がかかっていけなくなったらこの次に、と思っていたがここまで くればやっぱり登ってみたい。時刻は1時半、もう少しで時間リミットか・・今日は念のためLED式の懐中電灯を持ってきているができれば使いたくない。
紀念林から15分ほど登ると梅沙尖は目の前になった。あとは鋭くとがった頂上を目指すだけ。途中で幾度かあきらめかけたけどここまでくるとうれしい。
まず、休憩を取ってじっくり行こう。
写真を撮りながら休憩して最後のステップに出発。山頂あたりからヤッホーの声が聞こえる。先客がいるようだ。
とがった山頂のため、最後のステップは石段の急斜面。怖いところも何カ所かあった。写真を撮って楽しみながら進む。
そして最後の石段、かみしめながら1歩ずつ。さっき声を聞いた人たちだろうか、一人が僕に気づいた。「哦,有人阿!(お、人がいる)」

そして753mの山頂へ。これでまた一つの目標が達成された。
まずは先客に挨拶。
「你好」 彼は僕の方を見渡して
「你好,一人ですか?」
「そうです」
「おー、簡単ではない・・」
何か感心されてしまった。彼らは6人ほどのグループだった。食事とおやつをとっている模様。



us1-n2-5_200.jpg
山頂で あるグループ
us1-n2-6_200.jpg
梧桐山
us1-n2-7_200.jpg
東部華僑城の寺院?
us1-n2-8_200.jpg
下山
us1-n2-10_200.jpg
下山道で
us1-n2-11_200.jpg
リボンが付けられた目印の杭
どういう訳か山頂に建物跡。何の目的だったのだろう。
ま、今は僕は感激の消えないうちに写真を。
360度ビューの視界は特別。これまで見た中で一番いい眺めのように感じられた。大帽山などの香港の山々、そして梧桐山、大小梅沙の風景、そしてあの風車群。 風車が回っていた。そこから細長く続くのはあの東部華僑城? おそらくそうだろう、それにしても巨大な敷地。敷地内なのか、新しい寺院も見える。そして石 段の上には建設中の巨大な露座の仏像。何となく構成が香港ランタオ島の宝蓮寺に似ているような気もする。

そしてその後に続く山は何だろう。大鵬半島の方もうっすら見えているが・・大鵬半島の山も一つの目標だが、深圳中心部からかなり遠いし山も高いのでもう少し調査が必要。

それにしても気持ちがいい。天気は快晴、気温も適当だ。贅沢を言えばこの季節らしく登れば汗が出て休憩すれば少し肌寒いのがちょっと難点。
360度の展望を楽しみながら下山方法を考える。もちろん引き返すつもりはない。下に見える山に数条の線が下山方法を教えてくれる。
とりあえず海側の方に大梅沙あたりに続く径をとってみることにしようかと考える。

彼らの一人が近づいてきた。彼らの記念写真をとりたいのでシャッターを押してほしいとのこと。非常に丁寧な口ぶりだった。そして彼はここへは何度目かということと僕の年齢を聞いた。年齢を聞かれたのは梧桐山の時にに続いて2度目だ。どうして年齢なんか・・・
僕も彼らがどこから来たか質問してみた。彼らは僕が下山しようとしている方向からきたらしい。よかった。これでこの径で下山できるのがわかった。

彼らは僕がどのルートで下山するつもりか聞いてきた。彼らは僕が上ってきたルートを下山するようだった。同じ方向ならば一緒にというつもりらしかったが、 僕はやっぱり知らないコースの方がエキサイティングでいいので始めの考え通り、海岸側から下山する。
写真を撮ったあと彼らとお互い別れを告げて下山する。

それにしてもすごいコースだった。あの砂のかかった急斜面のコースで石がごろごろ。この下りはちょっと怖い。滑り落ちないよう最大の注意を払って慎重に少 しずつ下りる。何しろ一人、失敗できない。
10分ちょっとかけてまず第一番目の斜面を下った。
山頂を振り返ると人影。一人のようだ。カメラの望遠を使って観察してみると下山コースを吟味しているように見える。麦わら帽子のようなものに迷彩服。手を 振ってみたが彼は気がつかないようだった。

先へ。少し休憩コースが続くと思っていたのだが・・考えは甘かった。少しのんびりコースがあったあと再び緊張コースが続く。周りの景色にほぐされる。
下山を始めて40分あまり、分岐点があった。一方はこれまでのように急斜面を下る一条の線が見える。そしてその向こうには舗装道路が見えている。
そのほかにはよく見ると森の中を行くトレールがある。あまり人が通っているようには見えないがところどころ木にリボンが付いている。これまでの経験的にこ のリボンはトレールのガイドになっているようなのだ。従ってこのリボンに沿って行けば下山できるものと思えた。でもトレールらしき痕跡はあるもののあまり 人が通っているようには見えず不安はある。
でも誘惑はある。時刻は3時過ぎ、少し行ってみようか・・




us1-n2-11_200.jpg
引き戻した径
us1-n2-12_200.jpg
急坂を行く
us1-n2-13_200.jpg
やっと出た公路
us1-n2-14_200.jpg
そして梅沙尖を見る
us1-n2-15_200.jpg
塩田の夕日
リボンを頼りに草や木をかき分けて進む。草木の生えていない小さなスペースにでた。径の分岐点みたいだ。リボンを探して時には引き返したりしてルートを確 認しながら進む。進む・・
大きな岩の上らしいところにでた。周りには草木が生い茂り、周りがどうなっているのか分からない。大きな岩の上に乗っているらしいことだけが分かる。従っ てガイドのリボンがどこにあるのかはっきりしない・・
気分的にはここまで苦労して訳の分からない径を来ているので最後まで行きたいが・・
ちょっと考えて引き戻すことにした。岩の上なのでどこで落ちるとも知れず、リボンが最後まで続いているかも不明。時間的に引き返せないことになったらやっ かいだ。「勇気ある撤退」というやつをする。

結局20分あまりのロスタイム。
急坂を下る。ここが一番怖そうだ。足跡をたどりながら滑らないように。
こんな時間に人が数人登ってきた。どこへ行くのだろう?

水音が聞こえる。沢があった。でもゴミだらけ、ほんとにもう。
沢を渡り対岸へ。今度は登り。登り詰めると道路が見えた。本当にやれやれ。

道路を大梅沙方面に歩き出す。途中展望台があり、多くの車が停車、景色を眺めていた。登りに通った道路では全く車が通らなかったが、ここは多くの車が通過 する。
梅沙尖もとがった峰を見せているし、八仙嶺も見えていい眺め。

さて再び歩き出す。でもいったいどれくらいあるのだろう。でも歩くしかない。途中909のミニバスが通った。何だろう。(帰って調べてみると東部華僑城の 車らしい。おそらく利用できた)
始めはいろいろな景色が眺められるので気持ちが紛れたが、いい加減疲れてくる。元々車道に出た時点でおしまいのつもりだったから・・・
停まるわけに行かない。どんどん歩く。
途中、作業員らしい人が前を歩いていた。彼は途中の作業員宿舎のようなところへ行く。
彼はここからあと30分で塩田に着くと言った。あと30分の我慢かと空元気で歩く。
結局1時間半歩いて塩田のバス停に到着。やれやれ。

あとは乗り継いで福田のJUSCOへ行き吉牛を食べ、少し買い物をして帰宅。
今日はロスタイムも多く疲れ切った。でもいい日だった。


「日記・梅沙尖へ登る」 おわり




今回の所要時間
ロス時間を引いています

登り
水管石段  → 三洲塘水庫  50分
三洲塘水庫 → 紅花瀝水庫  40分
紅花瀝水庫 → 塩田区建区十周年紀年林  20分
塩田区建区十周年紀年林 → 梅沙尖山頂  35分
出発点の水管の石段から山頂まで合計2時間25分。
ロス時間すべて込みでは3時間半


下山
梅沙尖山頂  → 公路(舗装道路)  1時間10分
公路     → 塩田バス停     1時間30分
山頂から下山まで合計2時間40分。
ロス時間込みでは3時間10分
この日の梅沙尖へのアクセス

バスで「西山吓」下車 →  西山吓 

us1-n2-17_200.jpg
奥の開いている鉄門から
下車後北山路へ。廃墟のような建物の後方に開いている鉄門を出て左へ歩くと線路を越えて石段のあるところに出ます。
右に行くと舗装道路で踏切を越えて水路の途中にたどり着きます。


帰りは公路に出て20分ほど歩くとテーマパークの小さな門のようなものがあり、そこから909番のミニバスが出ていましたのでおそらく利用可能です。


2008.12.24    カテゴリ: 深圳三洲田森林公園/梅沙尖 

【深圳写真館】 塩田区・梅沙尖に登る(1) 水庫を巡って(2008.12.21)



出発 茶色の横線は平塩鉄路の線路です
us1-1-1_800.jpg

取水口付近で
us1-1-2_800.jpg

塩田港と香港の山々・八仙嶺と船湾
us1-1-3_800.jpg

三洲田の滝
us1-1-4_800.jpg

がんばれ
us1-1-5_800.jpg

台湾椿(大頭茶)
us1-1-5a_350.jpg



ひたすらこの石段を登ります
us1-1-6_800.jpg

船湾
us1-1-7_800.jpg

馬鞍山が見えます
us1-1-8_800.jpg

三洲塘 水庫へ
us1-1-9_800.jpg

今の季節、三洲塘水庫は渇水状態
us1-1-10_800.jpg

水庫のほとりにトレールがありました
us1-1-11_800.jpg

そして無名の山頂
us1-1-12_800.jpg

つづく

2008.12.24    カテゴリ: 深圳三洲田森林公園/梅沙尖 

【深圳写真館】 塩田区・梅沙尖に登る(2) 水庫を巡って(2008.12.21)



無名の山頂から
us1-2-1_800.jpg

無名の山頂から
us1-2-2_800.jpg

岩に占領されたSea View
us1-2-3_800.jpg

反対側には目指す梅沙尖が見えた!
us1-2-4_800.jpg


us1-2-4a_300.jpg



塩田紅花瀝水庫と梅沙尖
us1-2-5_800.jpg




建区十周年紀年林 ここから梅沙尖の山頂へ最後のアタック


us1-2-6_800.jpg

深圳と香港の最高峰、人気の山など豪華風景とともに・・
us1-2-7_800.jpg

香港八仙嶺、船湾郊野公園、そして背後にうっすら馬鞍山 こうして見るとなるほど馬の鞍みたい
us1-2-8_800.jpg

台湾椿(大頭茶)と紅花瀝水庫
us1-2-9_800.jpg

梅沙尖の山頂は目の前
us1-2-10_800.jpg

us1-2-11_880.jpg

テーマパーク 「東部華僑城」
us1-2-12_800.jpg

us1-2-13_800.jpg

山頂へ
us1-2-14_800.jpg

つづく


このページのリスト
No. (--.--.--)
  スポンサーサイト
No.53 (2008.12.22)
  【深圳山歩き日記】 塩田区・梅沙尖753mに登る(1) 深圳と香港の名山が勢揃い (2008.12.21)
No.54 (2008.12.23)
  【深圳山歩き日記】 塩田区・梅沙尖753mに登る(2) (2008.12.21)
No.55 (2008.12.24)
  【深圳写真館】 塩田区・梅沙尖に登る(1) 水庫を巡って(2008.12.21)
No.56 (2008.12.24)
  【深圳写真館】 塩田区・梅沙尖に登る(2) 水庫を巡って(2008.12.21) ► 次のページへ
カテゴリ
(102)   深圳 (1)  ●  《深圳の山・目次》 (29)  ●  梧桐山 (4)  ●  梧桐山登山道一覧 (6)  ●  三洲田森林公園/梅沙尖 (3)  ●  園山風景区/鵝公髻 (5)  ●  馬巒山 (8)  ●  羊台山 (15)  ●  塘朗山公園+梅林山公園/聖人大座 (7)  ●  鳳凰山 (6)  ●  南山 (2)  ●  小南山 (3)  ●  求水山 (3)  ●  筆架山 (3)  ●  蓮花山 (6)  ●  仙湖植物園 (0)  ●  紅樹林海浜生態公園 (1)  ●  東湖公園
(26)   奈良 (1)  ●  《奈良の山・目次》 (6)  ●  葛城山 (7)  ●  奈良県立矢田自然公園 (0)  ●  大和民俗公園 (4)  ●  吉野山 (0)  ●  大和青垣国定公園 (4)  ●  生駒山 (4)  ●  高取山 (0)  ●  若草山 (0)  ●  松尾山
(2) 壁紙
(3) フリー


プロフィール
Sceneway

< 作成者: Sceneway >
奈良出身 男
中国・深圳市福田区に在住
1996年7月香港へ
2005年6月深圳へ引越し → 続き

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ開設 : 2008年11月2日


タグリスト
 
ブログ内検索
最近のコメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。