このページのリスト : 
カテゴリー 園山風景区/鵝公髻 の記事 - 古い記事順 (全1ページ)
No.  --.--.-- 
  スポンサーサイト
No.150  2009.06.08 
  【深圳山歩き日記】 龍崗区 園山風景区 鵝公髻
No.151  2009.06.11 
  【深圳写真館】 龍崗区 園山風景区 鵝公髻 (1) 山頂へ
No.152  2009.06.12 
  【深圳写真館】 龍崗区 園山風景区 鵝公髻 (2) 山頂と下山

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.08    カテゴリ: 深圳園山風景区/鵝公髻 

【深圳山歩き日記】 龍崗区 園山風景区 鵝公髻

【深圳山歩き日記】 龍崗区 園山風景区 鵝公髻

園山風景区 (园山風景区)
龍崗区横崗西南部にあり面積10k㎡。深セン市内より約20キロの距離にある。
深圳の公園では珍しく入場料が必要 15元
 園山HP 

《鵝公髻》 の読み
鵝公髻はピンインは é gōng jì でeの発音が難しくて聞いた感じオとアをミックスしたような発音です。ですのでカタカナ・ピンインですと四声さえちゃんとしていれば 《オ コン チー》 とか 《ア コン チー》 で通じるような気がします。
日本語の発音では 鵝 は《ガ》、髻 の音読み 《ケイ、キツ》 、訓読みが 《もとどり、たぶさ》 となっていますので鵝公髻は 《がこうきつ》 というところでしょう。




大きな地図で見る 渡假村は山の麓です


鵝公髻

下調べ (2009.5.30)


園山風景区バス停とミニバス907


鵝公髻
下調べをしたところ意外にあっさり見つかった。
深圳の山は数カ所の山を除いてまだ整備途中というもの多い中、特区外のこの横崗の山が予想外によく整備されていてびっくり。
市二医院から357路のバスに乗ってまず横崗大厦へ。初めてのところなので緊張しながら降りるバス停を探す。横崗大厦の文字が見えて下車。普通の深圳の特区外のバス停風景があった。
ここでミニバス907路に乗り換える。どちらの方向のに乗り換えればいいかわからなかったので聞いてみた。同じ方向だとのことでミニバスを探すと近くに停車していた。ここから終点の園山風景区へ。2元。
さらにしばらく歩いて行くと入場券売り場。15元。無料のところが多い深圳だが、ここでは入場料が必要だった。
登山道など確認して下調べ終了。
写真を撮っていると、いつものように「俺を撮せ」の声が聞こえた。宝安から来たグループの中の兄ちゃん。いつも通り要望に応えて撮影。


鵝公髻登山道から園山展望

龍崗区横崗 園山風景区 《鵝公髻618mに登る》 (2009.6.6)


園山歓迎您


ふもとのお廟と園山


登山道


深圳のマッターホルン・梅沙尖が見えてきた
朝、目が覚めるとまず裏山を見て天気と空気の透明感をチェック。天気はまあまあ、透明感は悪い。目的は写真なので透明感がよくないと気持ちが萎える。山へ行くかどうか一瞬迷うが行くことにした。

下調べ通りのバスで行く。357路のバスは10元、でもこれはちょっと高い気がしてきた。次はバスを変えるか・・
横崗大厦で907に乗り換え園山風景区へ、さらに歩いてゲートで15元を払って園山風景区に入る。
土曜日だというのに人が少ない。このあたりは土曜出勤の人が多いのだろうか・・

お寺とか別墅を通ってゲートから20分足らずで登山道に到着。17時以降は登山禁止と書かれている。
登山道は深圳でおなじみの石段が続く。どこでも同じようなものかな、と思っていると1時間足らず登ったところで巨石の集まったちょっとした奇観が現れた。けっこうな規模。山麓から山を見上げていた時に見えていた岩ばかりのところにさしかかったのだろう。ちょっとおもしろい。

山肌を通るコースと森林の中を行くコースがあるようなので山肌コースをとってみる。こちらは日が差すので暑いが遮るものがないので景色がよく見える。ただ、透明度が悪いので遠望は難しい。
となじみのある山が顔を出す。予想通り、塩田区最高峰の梅沙尖(753m)が見えてきた!あの特徴的なとがった山頂。こうしてみるとヨーロッパのマッターホルンのような気がしないでもない。マッターホルンに比べるとかなり丸い印象だけど、なかなかいいネーミングに自己陶酔。よし、これから心の中で深圳のマッターホルンと呼ぶことにしよう。


山頂から  左に梅沙尖、右にうっすら梧桐山
es_0-3_880.jpg


鵝公髻頂近くから園山を展望


園山の背後にうっすらと梧桐山が見えてきた


山頂


崑崙花(玉叶金花)


下山して鵝公髻の山頂をふり返る
山肌の径をさらに行くとどんどん下がるようになってきて下山するのではないかと不安になってきたので今日のところはとりあえず引き返して無難に山頂をめざすことにした。
元の分岐点に戻って15分ほど登ると山頂らしきところに出た。深圳らしく飲み物やおやつを売っていて休憩の人でにぎわっている。
ふと見るとまだ高みがありそうだ。下山と書かれた2つの径の他に径がある。緩やかに上がっているのでまだ先があるのだろう。ここを行く。

石畳風に整備された径を行くと予想通り園山の後から深圳最高峰梧桐山が顔を出してきた。
梧桐山、そして園山風景区の園山、そしてこの鵝公髻がほぼ一直線に並ぶので、低いところでは園山にじゃまされて梧桐山が見えないが高く登ってくると園山の後から梧桐山が顔を出す。
今日はあいにくの空気の透明度なのだが輪郭は見えている。

15分ほどで山頂に到着。山頂も石畳になっている。で、龍崗18、塩田18の石柱。区境だ。頂上を龍崗区と塩田区で分かち合っているようだ。
三角点のようなものがあったので見てみると「深蓄電站」と書かれていた。何だろう。

初めて見る花があった。白い葉っぱのようなものに黄色い星形の花が咲いている。帰って調べてみると崑崙花(こんろんか)というようだ。白い葉っぱみたいなのは萼だということ。中国名は玉叶金花(玉葉金花;叶は葉の簡体字)
他にも初めてかなと思うような花の風景があったが門外漢なのでよくわからない。
そこら中に咲いている熊野菊もなんか雰囲気が違うように思えてならなかった。

展望は空気の透明度の悪さから予想通りの風景しかわからなかった。ちょっと残念だけど、また来るだろうから次に期待して。

さて下山する。新しい石段ができている。登りと同じ径を下るのもなんなのでこちらを下る。
が・・失敗した。このコースは新しく建設されているようだが、なんかマンションの裏口の階段を下りていくような殺風景さと単調さで登ってきた径とは雲泥の差のように感じられた。
径はどこへ寄り道するでもなくただ一直線に続いていて40分ほどで麓の茶店に着いた。

始めは鵝公髻へ登ったあと園山へできれば縦走、と思っていたが、今日はこれで終わりにして日を改めて園山、そして関帝廟などの見所を回ってみよう。

龍崗区横崗
園山風景区 《鵝公髻618m》へ


今回の所要時間

園山風景区バス停 → ゲート  10分
ゲート      → 登山口  20分

登山
登山口      → 鵝公髻第一のピーク 1時間10分
鵝公髻第一のピーク→ 鵝公髻第二のピーク    15分

下山
第一のピーク → ふもとの茶店 (新道)    40分
園山風景区へのアクセス

バス
まず《横崗大厦》で下車  →  横崗大厦 

そして907に乗り換えて終点の園山風景区で下車
  →  907路 


スポンサーサイト

2009.06.11    カテゴリ: 深圳園山風景区/鵝公髻 

【深圳写真館】 龍崗区 園山風景区 鵝公髻 (1) 山頂へ

【深圳写真館】 龍崗区 園山風景区 鵝公髻 (1) 山頂へ

プロローグ

園山風景区バス停


園山公演を見ながら




のどか



園山風景区へ

園山風景区へ


夾竹桃も旬


鵝公髻(左 618m)と園山(右599m)


登山道へ


駐車場からの鵝公髻







鵝公髻へ



鵝公髻への径
es_1-11_800.jpg

es_1-12_800.jpg

es_1-13_800.jpg

休憩所
es_1-14_800.jpg

es_1-15_800.jpg

岩の世界へ
es_1-16_800.jpg

es_1-17_800.jpg

es_1-18_800.jpg

ちょっと寄り道を
es_1-19_800.jpg

es_1-20_800.jpg

塩田区最高峰の梅沙尖(753m)が見えてきました
es_1-21_800.jpg


つづく

2009.06.12    カテゴリ: 深圳園山風景区/鵝公髻 

【深圳写真館】 龍崗区 園山風景区 鵝公髻 (2) 山頂と下山

【深圳写真館】 龍崗区 園山風景区 鵝公髻 (2) 山頂と下山

山頂へ


es_2-1_800.jpg

園山599m
es_2-2_800.jpg

梅沙尖
es_2-3_800.jpg



山頂


まだ高みはありますが、案内書によるとおそらくこれが鵝公髻の山頂 園山を展望、園山に隠れて梧桐山はまだ見えません
es_2-4_800.jpg

ここを行くともう少し高みへ、おそらく光明頂というところへ
es_2-5_800.jpg

なぜかあまり見たことのない花がたくさんありました これは崑崙花(こんろんか、中国名は玉叶金花)
es_2-5a_600.jpg

少し上ると
es_2-6_800.jpg

最高点のもよう。案内図では光明頂となっているところでしょう。してみるとこれが地図で見た623mの山頂か・・・
es_2-7_800.jpg

es_2-7a_200.jpg
そしてこの山頂は龍崗区と塩田区の区境でした



最高点から見えた園山の背後の深圳最高峰梧桐山
es_2-8_800.jpg

園山599mと梧桐山944m
es_2-9_800.jpg

そして、深圳のマッターホルン・梅沙尖753m
es_2-10_800.jpg

es_2-11_800.jpg

es_2-11a_150.jpg

三角点かと思えば・・《深蓄電站控制点》 と書かれていました なんだろう・・




下山

そして下山
es_2-12_800.jpg

es_2-13_800.jpg

こんな所でトランプ
es_2-14_800.jpg

鵝公髻をふり返って
es_2-15_800.jpg

ふり返った鵝公髻
es_2-16_800.jpg

es_2-16a_400.jpg

山麓のお廟
es_2-17_800.jpg

お廟の隣は別荘(別墅) 鵝公髻をふり返ります
es_2-18_800.jpg

園山風景区バス停へ 本日終了
es_2-19_800.jpg



園山風景区 鵝公髻 おわり

カテゴリ
(102)   深圳 (1)  ●  《深圳の山・目次》 (29)  ●  梧桐山 (4)  ●  梧桐山登山道一覧 (6)  ●  三洲田森林公園/梅沙尖 (3)  ●  園山風景区/鵝公髻 (5)  ●  馬巒山 (8)  ●  羊台山 (15)  ●  塘朗山公園+梅林山公園/聖人大座 (7)  ●  鳳凰山 (6)  ●  南山 (2)  ●  小南山 (3)  ●  求水山 (3)  ●  筆架山 (3)  ●  蓮花山 (6)  ●  仙湖植物園 (0)  ●  紅樹林海浜生態公園 (1)  ●  東湖公園
(26)   奈良 (1)  ●  《奈良の山・目次》 (6)  ●  葛城山 (7)  ●  奈良県立矢田自然公園 (0)  ●  大和民俗公園 (4)  ●  吉野山 (0)  ●  大和青垣国定公園 (4)  ●  生駒山 (4)  ●  高取山 (0)  ●  若草山 (0)  ●  松尾山
(2) 壁紙
(3) フリー


プロフィール
Sceneway

< 作成者: Sceneway >
奈良出身 男
中国・深圳市福田区に在住
1996年7月香港へ
2005年6月深圳へ引越し → 続き

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ開設 : 2008年11月2日


タグリスト
 
ブログ内検索
最近のコメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。