--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.25    カテゴリ: 香港林村郊野公園/大刀屶/雞公嶺 

【香港山歩き日記】 新界・林村郊野公園を行く(2) 大刀屶再挑戦の奇遇 (2008.9.27)


【香港山歩き日記】 新界・林村郊野公園を行く(2) 大刀屶再挑戦の奇遇
 (2008.9.27)

再び林村郊野公園へ。おととい行った時、ほとんど大刀屶に登ったはずだが途中雨で引き返したので今日は再挑戦。

tt1-n2-1_200.jpg
懐かしい牽晴間のバス
朝7時過ぎ出発。短パン、帽子のいつものスタイルにリュックサック。
ずいぶん久しぶりに羅湖のイミグレから香港に入る。久しぶりの羅湖は古くて汚れた印象を持ってしまった。以前はここばかり使っていたのになあ・・・
外人のレーンでは4-5人並んでいるがなぜか非常に時間がかかっている。僕のパスポートを見た近くのイミグレ員は別のレーンに誘導してくれた。おかげですぐすんだ。

KCR(MTR)で粉嶺駅へ。駅のパン屋さんで昼食用にパンを買う。
マンションから羅湖までのバスが手間取ったため、時刻はすでに9時20分、出発してから2時間経っている。やっぱり次は皇崗か福田口岸経由がよいかな。

tt1-n2-2_200.jpg
散歩する人がたくさん
林村郊野公園入り口の小さな広場には今日も牽晴間の送迎バスがいた。横の登り口から9時21分出発。
リュックを背負った人や散歩風の人などまあまあの人が登っていく。これぐらいの人数が一番いいかもしれない。

すでに登っているので写真は少なめ、速いペースで進む。急坂と石段の連続でどんどん高度が上がる。深圳を見渡すスポットへ。前回よりは悪いがまあまあの視界。下りてくる人も多い。「チョーサン、チョーサン」(早晨;おはよう)とあいさつがある。深圳の山でも会釈を交わすことがあるがこれほど一般化はしていない。

きれいに整備された「散歩コース」を抜けて山道の「登山コース」に入る。粉嶺駅から3km地点。
tt1-n2-3_200.jpg
見えた大帽山
前に一組の老夫婦、「チョーサン」と言って追い越していく。1時間ちょっとで展望台へ。
おっ、見えた。やっぱりあの山は大帽山だった。ちょっと嬉しい。
初老のにこやかな紳士が来た。あいさつをする。彼は地図を出してまわりの景色を確認しながら写真を撮っている。

彼と抜きつ抜かれつしながら歩いていく。こちらは写真を撮りながらなので遅れがち。
北大刀屶山頂には先客が陣取っている。あとで通過時刻を知るために北大刀屶の標識を撮影する。雲が多くなってきた・・



tt1-n2-4_200.jpg
タム
あのgood viewの嶺を過ぎてどんどん歩く。写真を撮っていると後からやって来た上半身裸になった男。「チョーサン・・」と言って彼の顔を見ると見たような顔・・
彼は満面の笑顔で近づいてきた。確信した、彼だ。以前の同僚の香港人、6年間一緒に仕事をしてきたタム。彼は手を出して握手を求めてきた。二人とも奇跡的な出会いに驚く。「なんで!!」「ティムカイ!」

彼は今、深圳の福永で働き、香港粉嶺の自宅に昨夜帰ってきたという。2週間に一度ぐらい山登りをしているとのこと。彼の今日のルートは僕と同じようで一緒に行くことにした。彼は植物を観察しながら「これは毒草だ」とか教えてくれる。僕は写真を撮影しながら歩いていく。
彼と話をすると以前のように英語と普通語と広東語と日本語のチャンポンになるが、心地よく話が伝わる。ほんとうに気兼ねがなくて楽しい。

tt1-n2-5_200.jpg
大刀屶山頂
そして前回雨のため折り返した地点に来た。彼に「ここで引き返した」と言うと「ここだったらすぐに大刀屶の山頂だ」と言う。「・・・」
5分ほど登ると山頂があった。「うーん」
ここでまたあの初老のにこやかな紳士と会う。彼はタムと僕が連れかと聞く。タムはヤッチャイ(一緒)だと応える。タムは僕に「彼は友達か?」と英語で僕に聞いた。「登山道ではみんな友達」と応える。

登山道は雲がありながらも日差しも強い。その上湿度も高そうだ。
大刀屶の頂上を過ぎる。暑いが気分はさわやか、ほんとうに香港の山は奇形が多く美しい。先に切り立った山が見えてきた。ところどころ険しい道があり、手すりが設置されている。眺めは絶景。でも先日の雨だとここを通るのはちょっと怖かったかも・・

tt1-n2-6_200.jpg
小さな滑走路の廃墟のようなものが見渡せた。タムは二代前の滑走路だと教えてくれた。啓徳空港の前の空港だと。
奇形の山を楽しみながらいつしか道は下りになり林に入る。終点の白牛石は近い。タムは裸の上半身にシャツを着始めた。
そして白牛石のバス停でフィニッシュ。午後1時だった。

タムは向かいを指さした。「嘉道理農場」と書かれていた。 「写真を撮るならあの農場がきれいだ、時間があるなら行ってみるといい」と言い、彼は帰りのバスを待った。

「日記・林村郊野公園を行く」 おわり


今回の所要時間

粉嶺登山口  → 観景台      1時間
観景台    → 北大刀屶480m頂上 5分
北大刀屶頂上 → 大刀屶頂上566m  1時間
大刀屶頂上  → 白牛石      1時間10分

林村郊野公園へこの日のアクセス

KCR粉嶺駅下車 駅西側すぐ



カテゴリ
(102)   深圳 (1)  ●  《深圳の山・目次》 (29)  ●  梧桐山 (4)  ●  梧桐山登山道一覧 (6)  ●  三洲田森林公園/梅沙尖 (3)  ●  園山風景区/鵝公髻 (5)  ●  馬巒山 (8)  ●  羊台山 (15)  ●  塘朗山公園+梅林山公園/聖人大座 (7)  ●  鳳凰山 (6)  ●  南山 (2)  ●  小南山 (3)  ●  求水山 (3)  ●  筆架山 (3)  ●  蓮花山 (6)  ●  仙湖植物園 (0)  ●  紅樹林海浜生態公園 (1)  ●  東湖公園
(26)   奈良 (1)  ●  《奈良の山・目次》 (6)  ●  葛城山 (7)  ●  奈良県立矢田自然公園 (0)  ●  大和民俗公園 (4)  ●  吉野山 (0)  ●  大和青垣国定公園 (4)  ●  生駒山 (4)  ●  高取山 (0)  ●  若草山 (0)  ●  松尾山
(2) 壁紙
(3) フリー


プロフィール
Sceneway

< 作成者: Sceneway >
奈良出身 男
中国・深圳市福田区に在住
1996年7月香港へ
2005年6月深圳へ引越し → 続き

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ開設 : 2008年11月2日


タグリスト
 
ブログ内検索
最近のコメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。