--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.01    カテゴリ: 深圳馬巒山 

【深圳山歩き日記】 龍崗区・馬巒山郊野公園を行く(1) 下調べでの出会い (2008.11.15)

馬巒山郊野公園
馬巒山郊野公園は深圳龍崗区、東の海水浴場小梅沙近くにあり総面積28平方キロ。公園内の山の大半は海抜500メートルぐらいで馬巒山は590m。キャンプ場もあります。



【深圳山歩き日記】龍崗区・馬巒山(马峦山)郊野公園を行く(1) 下調べでの出会い
 (2008.11.15)


mr1-n1-1_200.jpg
mr1-n1-2_200.jpg
mr1-n1-3_200.jpg
mr1-n1-4_200.jpg
次の深圳での目標は馬巒山へ。WEBで調べてみると小梅沙から高架道路に歩いていくと叠翠湖(貯水湖)があり、ここから始まりだとだけ書かれている。
ま、とりあえず調査に出るか、とバス104と103を乗り継いで小梅沙へ。

とてもいい天気。小梅沙のホテルでは外の池畔で結婚写真の撮影をやっていた。
この庭園を過ぎ、小梅沙の公園を左にを見ながらWEBに書かれていたように勘をつけて歩いていくと確かに湖があった。

さあ、どう行けばいいものか。適当に当たりをつけて舗装道路歩いていくとハイキング帰りのような数人連れ幾組かとすれ違う。たぶん間違いないだろうとこのまま歩く。
気持ちのいい道を歩いていくと、貯水湖の入り口に出た。金網で仕切られているが扉が開いていて幾組かが出てきた。僕はここから中へ。

中へはいるとハイキングのような地道に変わる。
それにしてもいい天気。
オー・・・貯水湖の水の色がきれい。ただ、渇水しているようで湖面が普段の線から1m以上も下がっているようだ。満水だったら景色はどんな風になるだろうか。
目の前に見えるたくさんの山のどれが馬巒山になるのだろう。一番高い山のはずだが、歩いていけば何となく判ってくるだろうか。
今まで行った他の公園よりも水が豊かそうに流れている。岩場を超えながら行くとお墓場。次への道が見つからないし、先へ行く人の姿もない。さっきの人たちはお墓参り?

探してみると草に隠れてか細く上へと続いていきそうな踏み分け道があった。
歩いてみると、ずり落ちそうになるきつい坂もある。そして・・
岩ばかり、見上げるような角度で上へ続いている。怖い。足場を確保してどうしようか考える。ま、とりあえず、身分証を持っていなかったので鞄の中にあった紙に自分の名前とパスポート番号などを書き記しておく。

上をよく見てみると少し登ったところに台地みたいなのがありそう。もしかして次の展望が開けるかも知れない。とりあえずあそこまで行って様子を見て考えようと。
無茶はしないよう確実に足場を整えながらゆっくりと登っていった。と・・・



mr1-n1-4_200.jpg
mr1-n1-6_200.jpg
mr1-n1-7_200.jpg
mr1-n1-8_200.jpg
mr1-n1-9_200.jpg
台地かなと思っていたら普通の山道だった!?気が抜けた。

この道はどこに続いているのだろう。おそらく下から登ってこられるのだろう。さて、どちらの方向に行くか。登りたいので少し上がり気味になっている方向へとにかく行ってみる。
どんどん歩く。道が上がったり下がったしているので不安になってきた。人が来たので聞いてみるとやっぱり反対だった。がっくり。
もと来た道を引き返す。そして進む。同じように歩いている一組と抜きつ抜かれつの似たペースで進む。
彼らは途中で谷川に入っていった。見ると結構面白そうな所、他にもたくさんいる。山に登れるかどうか判らないが好奇心で僕もここを行くことにした。

大きな岩を超えながら進んでいくと小さな滝に出た。見ると、なんと滝の横の岸壁の上からザイルを使ってヘルメットをかぶり人が下りてきた。登山の練習なのかなんなのか知らないが深圳、香港の山で初めて見る光景。興味津々。

そして滝の横にある道を上へと進む。徐々に登っていると思うがときおり下って行くのかと思ったりするような所もあり、行き先は全く不明。とにかく歩く。

横の藪から登ってきたカップルと出会う。こんなところに道が付いているとは思わなかったのでちょっとびっくり。彼らは僕にこの径はどこへ行くのか聞いた。知るはずもなく、こういう時の普通通り一緒に行くことになった。

彼らはお互いに話す時は広東語を使うことが多いので「広東人か?」と聞くと「そうだ」と答えた。でも深圳の戸籍ではないと言う。
僕を日本人と知ってえらくびっくりしたようだ。馬巒山の行き方と道筋をよく調べたということと一人で来たということに、ちょっと感心された様子。彼女は次どこかへ行く時は彼に連絡しろ、一緒に行こうと言ってくれた。

彼女の方が率先してあちこち歩き出す。か細い径ながらもそれなりに歩いていける。
どんどん歩いていくと、先を歩いていた彼女が「終点まであと2.5時間」の掛札を見つけた。現在の時刻は午後4時、ちょっと時間が足りない。面白くないけど引き返すことにした。
来た径を再び四苦八苦しながら戻り、最後は叠翠湖の道を小梅沙へ。

バスで大梅沙へ行ってちょっとびっくり。また雰囲気が変わっていた。ここは変化が著しく早い。どんどん美しいリゾート地のような感じに変わっていく。かなり興味が出てきた。
で、僕は夕暮れになってきた大梅沙を散歩することにして彼らと別れた。
彼は別れ際にホットメールのメールアドレスを書き残した。今度山に行く時は誘ってくれと繰り返した。
 つづく 



カテゴリ
(102)   深圳 (1)  ●  《深圳の山・目次》 (29)  ●  梧桐山 (4)  ●  梧桐山登山道一覧 (6)  ●  三洲田森林公園/梅沙尖 (3)  ●  園山風景区/鵝公髻 (5)  ●  馬巒山 (8)  ●  羊台山 (15)  ●  塘朗山公園+梅林山公園/聖人大座 (7)  ●  鳳凰山 (6)  ●  南山 (2)  ●  小南山 (3)  ●  求水山 (3)  ●  筆架山 (3)  ●  蓮花山 (6)  ●  仙湖植物園 (0)  ●  紅樹林海浜生態公園 (1)  ●  東湖公園
(26)   奈良 (1)  ●  《奈良の山・目次》 (6)  ●  葛城山 (7)  ●  奈良県立矢田自然公園 (0)  ●  大和民俗公園 (4)  ●  吉野山 (0)  ●  大和青垣国定公園 (4)  ●  生駒山 (4)  ●  高取山 (0)  ●  若草山 (0)  ●  松尾山
(2) 壁紙
(3) フリー


プロフィール
Sceneway

< 作成者: Sceneway >
奈良出身 男
中国・深圳市福田区に在住
1996年7月香港へ
2005年6月深圳へ引越し → 続き

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ開設 : 2008年11月2日


タグリスト
 
ブログ内検索
最近のコメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。